難易度:VERY HARD 1

 ここでは、x-wing、Sword fish、Jerry Fish、Squirmbagというテクニックについて紹介します。

x-wing

この解法は、x-wingが基本形になっています。

図1

 図1を見てください。 6があるところは、6を入れることが出来る場所ということです。
 その列cと列fを見てください。この2つの列には、6が入る場所が2づつしかありません。しかもその場所はどちらの6も、4列と7列にあります。
 このような場合に、仮に [a-7] を6にすると [c-7]、[f-7] には6が入らなくなり、列cと列fは6が入ることが出来る場所が2カ所しかないので必然的に [c-4]、[f-4]が6が入ることになりますが、 それでは列4に6が2つあることになって矛盾が起きます。
 ですから、このような場合、列4と列7にはオレンジ色の場所には6は入ることができません。
 それで、図1では[a-7]、[h-4]には6は入らないということになります。

Sword fish

図2

 図2を見てください。
 列b、列e、列hに注目してください。
  この3つの列において、6が入りえる場所は、列2、列5、列8の3つだけになっています。このような場合には列2、列5、列8において6はオレンジ色のマスには入りません。 仮に [c-2] など他の所に6を入れてみると分かりますが矛盾してきます。

 まとめると、3つの列(図2では黄色の列)においてある数Xが入る可能性のあるマスが交差する3つの列(図2ではオレンジの列)に限られる場合、 その交差している列(オレンジの列)には初めの3つの列(黄色の列)以外にはXは入らない。

Jerry Fish

 x-wingが2つの列において、交差する列も2つ、そしてSword fishも3つの列において、交差する列も3つだったのに対しJerry Fishはそれが4つになる。
 つまり、4つの列においてある数Xが入る可能性のあるマスが交差する4つの列に限られる場合、その交差している列には初めの4つの列以外にはXは入らない。

Squirmbag

 5つになるだけです。